メニュー

一般的な内科の病気

 

どんな病気があるの?

発熱・せき・たん・胸痛・動悸・腹痛・吐き気・風邪症候群・インフルエンザ・急性胃腸炎・咽頭炎など

急な発熱・せき・鼻水・くしゃみ・呼吸器症状・食欲低下・全身のだるさなど

いわゆる一般的な風邪症状がみられる場合にはお早めに受診ください。

どのような治療法を行いますか?

症状によって治療方針や治療法は多岐に渡ります。

特に風邪症候群においてはウイルスの種類や状況によって対処法は複雑化します。

本人にとっては病気だという自覚症状が薄い場合や、状況によっては深刻な病気の初期症状であるケースもありますので、必要に応じて適切な検査項目を組み合わせ、慎重に診断を行うよう努めています。

どんな診察や検査が必要なの?

まずは問診や症状から診察を行っていきます。
必要に応じて院内にて採血・血液検査・レントゲンなどの検査項目を組み合わせるなど精緻な検査データをもとに診断を行います。

検査結果は比較的すぐに判明いたしますので、迅速に適切な対処ができます。
患者様には正確な情報をもとに質の高い医療を提供し、わかりやすく納得のゆく丁寧なご説明を心がけた診療を行っています。

軽度な症状で病院にかかるほどでもないとお感じの場合でも年齢や健康状態によっては重い疾患に繋がる可能性があります。
また、原因がはっきりせず、長年悩み続けられている症状がありお困りの方などもまずはお気軽に受診ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME